ハウスクリーニングと掃除代行を考えよう

ハウスクリーニングと似たサービスとして掃除代行というものが存在します。

このページでは両者の違いとどのようなときにどちらのサービスを利用するのがふさわしいのかを書いていきます。

073429

◯ハウスクリーニングの基本的な利用方法

現在広く受け入れられているハウスクリーニングとは、プロの掃除業者に汚れている箇所を徹底的に掃除してもらうサービスのことをいいます。

家の中は自分で掃除をしていて汚れていないと思っていても実は長年にわたって染み付いた汚れがあるものです。

そういった自分では気づかない汚れをプロの業者にキレイにしてもらうのがハウスクリーニングに依頼する醍醐味といえます。

これは一度やってもらうとどれくらいキレイになったかということがよく分かるタイプのサービスなので、お試しコースや簡易な体験版で一度依頼してみるのがいいと思います。

その時に基本である水回りを掃除してもらい他の箇所の掃除方法のアドバイスまで教えてもらえば非常に費用対効果がよくなります。

◯掃除代行とは

一方「掃除代行」とは「家事代行」の枠組みに含まれるもので、自分がやる程度の掃除を他の人に代わってもらうというサービスです。

もちろんやるのはプロですから自分がやる以上にキレイにしてくれるのは間違いありませんが、大きく家事から離れることをやってくれるというわけではありません。

かつての「家政婦を雇う」という考えを派遣型に変えたものと捉えればいいと思います。

つまりは「自分がやる以上にかゆいところに手が届く掃除」と考えるべきでしょう。

そうなると自ずとふたつのサービスを使い分けることができるようになると思います。

◯どのように差別化して依頼するのか

このふたつは生活スタイルによって使い分ければいいと思います。

掃除代行は基本的に仕事が忙しい人向けといっていいでしょう。

普段の家事をやる余裕が無いという場合に人を雇って代わりにやってもらうスタイルです。

その場合は掃除だけでなく家事一般を代わりにやってもらうことになると思いますが、こちらも一度依頼して試してから継続的に注文すればいいと思います。

一方ハウスクリーニングは利用するときに基本的に家にいて仕事をしてもらうものです。

もちろん最初と最後だけ家にいればいいのですが、家事代行のように一切いない間に済ませてくれるというわけではないことが違いとして挙げられます。

また掃除代行は週に1度か二週に1度依頼するのに対し、ハウスクリーニングは月に1度が基本的な依頼ペースです。

ご自分の生活スタイルと要望に合わせて依頼すればいいと思います。